物語

名前と顔を覚えているだけで感動させられる

 

 

こんにちは、こばやんです。

今日は感動したお話です。

ドラマや映画で感動することはあっても、
日常生活ではあまり感動するってもしかしたら少ないかもしれません。

今日はそんな中でも感動することがあったので、シェアしたいと思います。

 

1.定食屋さんにて
2.カレー屋さんにて
3.居酒屋さんにて

 

1.定食屋さんでの出来事

 

この間、とある湖の定食屋さんに行きました。

5人で行ったのですが、そこでのサービスがすごすぎたんです。
別にお高いご飯屋さんではなく、田舎の定食屋さんって感じなのですが、

私たちは、ビールに、鮎定食2つと単品で鮎1つ、山菜蕎麦を3つ頼みました!

 

すると、まず最初に山菜のおつまみがサービスででてきて、
「わー、ありがとうございます」となります。

 

その後鮎定食を2つと、鮎の塩焼きが2つでてきました。

「えっ?」単品では1つしか頼んでないのに。

となると、「1つはサービスです、食べてください」ですと。

 

「!?サービスすごいね」なんて話をしている間に、
山菜蕎麦を3人頼んだ分ができまして、
持ってきてくれたら、

なんと!3人分の天ぷらがサービス。

「いやいやいや、なんじゃこりゃ」となるわけですよ。

長芋にかぼちゃにきのこにシソに獅子唐等もうどれも美味しかったですね。
天ぷら蕎麦っていうのもメニューにあるんですよ、でも山菜蕎麦を頼んだのに、天ぷらサービスって!!!

 

このサービスに大満足で、ご飯も普通に美味しく、お蕎麦は量が多いのでちょっと伸びちゃったんですけど、美味しかったんです。

 

で、お会計。
なんかサービス良すぎて逆にお会計が心配になりました。

いざ、お会計……

 

約6000円。

 

うーん!!安い!
大満足で帰ろうとすると、

厨房の中のお兄さんが

「かき氷食べてく?」

と、なんと、あまおうのシロップかき氷までサービスしてもらって、
通常では考えられないサービス精神。

ちょっと今までで1番でしたね。
この店サービスしすぎて大丈夫かな?と思うくらい。気持ちがすごいですね。

 

お客さんみんな虜なわけですよ。
次も来ようね、とかおみやげ屋さんも併設してるので、そこで買っていこうね、とかね。
実際お土産買っちゃいました。

 

味がめちゃくちゃ美味しいとかいうわけではなかったとしても、

感情的価値があればリピートしたくなりますね。

 

人は感情的価値で決定して、機能的価値で納得する。

この感情的価値の部分は、感動で作れるんですよね。

 

この周辺に来た時はまた利用しようと思いました。

ご飯食べる場所も、自然の風が抜けてすごく心地良い空間だったので、癒されたい人にはおすすめですね!

 

と、まあなかなかこんな感動はなかったので、シェアしたかったんです。

ですが、現実問題なかなかこういった感動サービスって難しいと思います。

こういった手のサービスは原価もあるでしょうし。今回はもしかしたら、田舎の定食屋さんで山菜等のサービスなので採ってくればできないことはないですが、仕入れ等の関係では難しいこともありますから。

他にも、些細なことで感動することがあったので、
もうひとつ、
それは、名前と顔を覚えているだけで感動を生む、ということです。

 

2.カレー屋さんでの出来事

 

以前インドカレー屋さんに行った時のことです。
たまたまふらっと入ったのですが、
結構メニューが豊富で、味も満足だったので、

その後も数回適当に入ったことがあったんです。

その時に店員さんは私の顔を覚えていてくれたようで、

 

「いつもありがとうございます。サービスです。」

的な感じで、最後のデザートをサービスしてくれたんです。ほんのちょっとしたヨーグルトみたいなものでしたけど、覚えててくれたんだと、嬉しくなりました。

 

ちょっとした特別を感じます。この嬉しいって感情。これがまたリピートしたくなりますし、誰かにも教えたくなります。

3.居酒屋さん

これは、地元に新しく居酒屋さんができたので、何回か行ってたんですが、たぶん3回目くらいの時に。

いつものように飲み物の注文時、

いつもは梅酒ですけど、今日は違うんですね!

的な声をかけてくださいました。

たしかに、今日はアルコールとれなかったので、ソフトドリンクだったんですよ。いつもは最初同じもの頼むので、覚えててくれていたのか!と。

 

単純なことかもしれませんが、
これってサービス業をやる立場としては大切ですよね。
覚えてくれていることが、受け入れられてるっていう風に感じて、次も行こうかなーなんて気分になります。

たかが顔を覚えていただけで、声をかけられただけでですよ。

物をサービスしなくても、次につながる、リピーターを得られるって大きいですよね。

凡事徹底が大事だった

でも、これって実は誰にでもできることで、
いわゆる「凡事徹底」と言われることです。

ちょっとしたこと、「当たり前」を「当たり前」にできるようにすることが大切だったりするんです。

ついつい忘れてしまうこと、

私自身、そんなこと分かってるって思っても、できてなかったりするんです。

知ってることと、できることは、違いますね。

感動をさせるためには!

営業マンだと名前を覚えてもらうことが大切ですが、まず自分がお客様の名前を覚えないと始まらないですからね。

この感動経験を仕事にも活かすぞー!

感動経験を勉強することも大切ですね!偉大な先人から盗んでいっちゃいましょう!

ではでは!

 

無料で「セミナー動画」と「レポート」をプレゼント中

私は関東の田舎で、

金融営業マンをしています。

 

金融は安定♪

っていう甘い響きにつられて就職しましたが、

現実はそう甘くありませんでした。

 

プレッシャーや、

数字とお客様第一の葛藤に苦労し、

おまけに糞真面目という性格。

 

一時頑張りすぎて、身体と心が

ついていかなくなったことがあって、

今と同じには今後働いていけない…

と途方にくれました。

 

そこで、根本から解決するために

インターネット上に仕組みを作ることにしました。

時間にもお金にもストレスにも

縛られない働き方です。

 

メルマガでは

仕組みの全体像

はじめやすいと言われるネットビジネスの落とし穴

成果を出すための秘訣

行動できない自分を変える方法

などなど

今までお話ししていない情報(恥ずかしい私の失敗談とかも含む)

をこれでもかってくらいお届けしていますので、

読み物として楽しく勉強していただけたら嬉しいです。

 

また、登録の無料プレゼントとして、

自分に素直に生きるための仕組み動画セミナーと

期間限定で私のこれまでを物語にしたレポートををお渡ししています。

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

-物語
-

© 2020 金融営業マンがビジネス始めて人生豊かにする物語