マインド

「売る」ことに抵抗がある人へ。大先輩に喝をいれられた話。

 

こんばんは、こばやんです。

 

今日のテーマは

「売ること」に抵抗がある

”わだかまり”を

なくしていく方法について、です!

 

 

 

ビジネス仲間のメルマガを読んでいて、

ハッと気づいたことがありました。

 

 

「読者さんはずっと待っているんです」

「自分の欲しい商品を提供してくれることを」

 

 

 

「欲しいと思える商品」を、

お客さまや読者さんは待っている

 

この言葉をきいて、

なにかじぶんにできることがあれば、

積極的に提案していくほうが、

だれかのお役に立てたり、

相手のためになるかもしれない・・・

改めてこう思いました。

 

 

でも、最初は「提案すること」「売ること」に抵抗があったりしませんか?

 

 

売り込むことに抵抗があった

 

「売り込む」ことへの抵抗感

結構この悩みを感じているひとは、多いんじゃないかなって思います。

 

わたしも、売ることに抵抗があったんです。

それは、副業のビジネスでも、本業の営業活動でも・・・。

 

 

なんでだろう?って深堀をしてみると、

大きく理由は2つありました。

 

じぶんを守りたかった

 

1つ目は、

なんというか

「この人グイグイくるな」とか、

「失礼なやつだな」って思われたくなかったり、

「迷惑に思われたくない」とか、

そういった自分の保身が強かったと思います。

 

要は「いいひと」でいたかったんです。

「嫌われ役」になりたくなかった。

否定されるのが、こわかった。

 

 

なるべく

「好かれている」状態のほうが

動きまわりやすいし、

話も聞いてもらいやすい。

 

特に営業では、

一度嫌われてしまったら、

同じお客さまに提案できるチャンスはなかなかこない。

 

そんなじぶんの弱さからきているものでした。

 

”お客さまのため”になるものしか提案したくなかった

 

2つ目は、

お客さまの望んでいないものを

押し付けたくなかったんですよね。

 

 

たとえば、営業で

「数字をあげてこい」という、

強烈なノルマがあると

どうしても、

どうしても!

目先の利益ベースで考えがちになります。

 

でも、こころのどこかで、

「ほんとうにこの商品をおすすめしてもいいのだろうか?」

って葛藤も生まれます。

 

 

「お客さまのためなのかどうか?」

この不安が、「売る」ことへの抵抗感になっていました。

 

 

 

 

決めるのは、「あなた」ではなく「お客さま」

 

たしかに、

「お客さまのためにならない」

と、断言できる商品を

無理やり売り込むのはNGです。

 

 

 

でも、

「今までこんなに○○を買ってもらったし、もうおなかいっぱいかな?」

「こんなことまで提案したら迷惑かな?」

「これ以上、提案してばかりだったら嫌がられちゃうかな?」

 

いくら考えても、答えがお客さまにしか分からないことだったり、

お客さまが「じぶんのことをどう思うか?」を気にしたりして

「売る≒提案すること」にブレーキがかかっているのならば、

 

ひとつ言葉をささげます。

(大先輩にビシっていわれました・・・・)

 

 

 

「勘違いしないで。」

 

「いいか悪いか?必要か必要でないか?

これを決めるのは、”あなた”ではなく、”お客さま”なのよ」

 

「お客さまのチャンスを奪わないであげて」

 

 

 

チャンスを奪わないであげて

 

ひえぇっ・・

 

ごもっともでした。

 

 

わたしが勝手に、

「このお客さまはたくさん○○を持っているから、

もう○○は必要ないだろう」とか

「これ以上の提案は、きっと嫌な気分にさせるだろうな」

って思っていたんですよね。

 

そんなことは、わからないのに・・・

ある程度、推測はできても、

ほんとうのところは、分からない。

 

 

 

どうしても自分が好きになれない商品でも、

お客さまは好きになるかもしれない。

 

大前提として、

「わたし」と「お客さま」は

同じではなく、違うひとなので、

感じ方も、もちろん異なるわけなんですよね。

 

 

とにかく、

わたしの勝手な推測で

お客さまのチャンスを

奪うことだけはしないように

しなくちゃいけない。

(いまも、意識するようにしています)

 

 

お客さまの未来の笑顔のために

 

たとえ、

「なんだコイツ」って思われても。

今ではなくても、いつか将来に

「あのとき、提案をしてくれてよかった!」

「助かったよ!」

「ありがとう」

そう思っていただけたら、嬉しいですよね。

 

 

お客さまの

「いまの笑顔」

もしくは、

「いつかの笑顔」のために、

”今”提案できるモノがあるなら、

「提案≒売る」ことをしていこう

って思ったのでした。

 

 

考え方ひとつで、

抵抗感がなくなっていくこともあるので、

今回は、わたしが当時感じていた抵抗感をなくす方法について、

お話をさせていただきました。

 

きっと、

抵抗感の裏側にある感情を

一個ずつ書き出していくと、

減っていくと思うので、

もし悩んでいるかたがいたら、

やってみてください♪

 

 

 

無料で「動画セミナー」と「レポート」をプレゼント中

 

私は関東の田舎で、

金融営業マンをしています。

 

金融は安定♪

っていう甘い響きにつられて就職しましたが、

現実はそう甘くありませんでした。

 

プレッシャーや、

数字とお客様第一の葛藤に苦労し、

おまけに糞真面目という性格。

 

一時頑張りすぎて、身体と心が

ついていかなくなったことがあって、

今と同じには今後働いていけない…

と途方にくれました。

 

そこで、根本から解決するために

インターネット上に仕組みを作ることにしました。

時間にもお金にもストレスにも

縛られない働き方です。

 

メルマガでは

仕組みの全体像

はじめやすいと言われるネットビジネスの落とし穴

成果を出すための秘訣

行動できない自分を変える方法

などなど

今までお話ししていない情報(恥ずかしい私の失敗談とかも含む)

をこれでもかってくらいお届けしていますので、

読み物として楽しく勉強していただけたら嬉しいです。

 

また、登録の無料プレゼントとして、

自分に素直に生きるための仕組み動画セミナーと

期間限定で私のこれまでを物語にしたレポートをお渡ししています。

ぜひこちらから受け取ってみてください♪

無料メルマガの詳細はコチラ

-マインド

© 2020 金融営業マンがビジネス始めて人生豊かにする物語