備忘録 レビュー

星渉さんの出版記念講演会「科学的に幸せになるお金の稼ぎ方」

 

こんにちは、こばやんです。 

 

先日、InfinitYクラブ主催「たなゆかさん」にお誘い頂いて、「星渉さん」の出版記念講演会に行って参りました。 

 

場所は、舞浜のヒルトンホテル★リッチな場所にドキドキ。

ディズニーリゾートに心惹かれながら、ヒルトンへ向かいます。

 

 

講演会のテーマは、「<科学的に>幸せになるお金の稼ぎ方」です。

 

胡散臭そうに思われたかもしれませんが、壺を買わされたりはしなかったので、ご安心ください!笑

 

「科学的に」幸せになるお金の稼ぎ方、不幸せになるお金の稼ぎ方です。

どういう稼ぎ方がじぶんにとって幸せなのか?

改めて考える機会をいただけました。

 

 

星渉(ほしわたる)さんって?

 

 

「神メンタル」や「神トーーク」の著者さんであり、起業家を支援するコンサルティング業もされているお方です。

 

わたしも、メンタル強くなりたいな~って思って、「神メンタル」の本を以前読みました。

よく本屋さんにズラーっと並んでいるので、見たことある方も多いのではないでしょうか。

脳科学をわかりやすく学べて、納得感のある本です。

ところどころに「では、今からやってみましょう」というワークもあって実践的です。「読んで終わり!」ではなく、読みながら実践できるのがいいなって思いました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り [ 星 渉 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/5/3時点)

楽天で購入

 

 

そんな星さんの講演会では、冒頭にこんな言葉が。

「いい話きけたな~で、終わってほしくないんです」

「それでは人生変わらないので」

「せっかく時間をかけて来てくださっているのだから、なにか持ち帰ってほしい」

 

どんなセミナーでも、講演会でも教材でも、「参考になった」だけではなにも変わらないんですよね。

なにを学んでどう使うかは、じぶん次第なんだよなぁって思って集中モードに入りました。

 

星さんは、お笑い芸人さんみたいに話が面白かったです。

小難しい話を楽しく、わかりやすく伝えることができるって、とんでもないスキルだと思っていて、オリラジのあっちゃんと似ているものを感じました。

 

 

どんな内容?

 

幸福度が高いひとのほうが、仕事ができる!?

米大学院の研究結果で、

幸福度が高い社員の創造性は、

幸福度の低い社員の、3倍高く、

生産性は31%、売上も37%高い

という科学的事実がでたようです。

 

さらには、

幸福を感じていると、

なんとお金が集まってくるとも

 

えっ、どういうこと??と思ったのですが、

こちらもデータがありました。

 

とあるセミナーを開催し、

ポジティブワークをしたグループと、

なにもしなかったグループがいます。

 

なにも告知をせずに、

出口に「セミナー料金キャッシュバック」のチラシをおいておいたら、

ポジティブワークをしたグループの47%はそのチラシに気づき

ワークをしなかったグループは14%しか気づきませんでした。

 

えーとっ、ワークをしなかったグループは、 戻ってくるはずのお金を得られなかったひとが 8割以上いるということ!?

 

 

ポジティブワークをしたグループのほうが

視野が広がって、情報を得やすくなるんだそうです。

 

こばやん
ポジティブワークって、すごい・・・!!

 

就活の面接でも、

「あなたは運がいいと思いますか?」

「あなたは幸福を感じますか?」

という質問がたまに聞かれることがありますが、

ココに結び付いている質問なんだろうなぁと思います。

 

幸福度が高いひとのほうが、

パフォーマンスが良くて、視野が広い

という結果が出ているなら、

幸福感を感じているひとを雇いたいし、

そういう人と一緒に過ごしたいと思いますもんね。

 

 

年収800万円の、しあわせの壁

 

お金はあるに越したことはないけれど、

いくらあったら幸せですか?

 

この疑問に対して、ある研究結果があります。

*年収800万円までは、お金はひとを幸せにする。

*年収が2倍になっても、幸福感は9%しか上がらない。

 

 

年収800万円以上では、幸福感が高まりにくいのは、

年収を得るために、犠牲にしているものがあるからです。

 

聞いたことがあったので、

「たしかに・・・!」

と、納得する一方で、

「本当にそうなのかな?」と考えてみたことを後述してみました。

 

目標を持つことは、幸せの第一歩

 

「目標を達成することよりも、

その目標に近づいている時のほうが

幸福を感じやすい。」

 

目標達成することに、幸せを感じるかと思いきや、

実は、目標に向かって、近づいていると実感するときに幸福を感じるそうです。

 

こばやん
たしかに、もうすぐ目標達成できると思えたり、 順調に進んでいるときは、ルンルン気分かも・・・!

 

ということは、

目標を達成しなくても、

目標をもつことがまず幸せの第一歩ということですね。

 

 

目標が決まっていない場合には、近づいているかどうかが分からないので、

なかなか幸福感を感じられなかったり、モチベーション・やる気が出ないことが多いようです。

目標は持つ意味は、そこにもあるんですね!

 

ちなみに、

目標は壮大なものよりも

「スモールステップ」「ベイビーステップ」で、

ゴールは小さく、たくさん持っている方が

幸福感が高まったり、やる気が出やすいという結果があるようです。

 

 

思ったこと

 

年収が増えても、ほんとうに幸福度はあまり上がらないのか?

 

ほんとに年収が2倍に高くなったとしても、幸福度はそんな9%しか変わらないのでしょうか?

わたしは、「収入」と「自分が大切にしているもの」とのバランスなんじゃないかな?と思っています。

 

たとえば、

仕事が本当に好きなひとで、

仕事が自分の大切なものだとしたら、

「仕事をして収入があがる」

「自分の大切なものは仕事なので、仕事をすることで幸福感は高まる」

というふうに幸福度は、収入と同じくらいの%で比例していくと思います。

年収が2倍になったら、幸福度は2倍までいかなくとも1.5倍とか・・・

 

一方で、

自分の大切なものが趣味の時間だったり、家族との時間だったり・・・

そういう場合は、

仕事の年収を上げていくために(仕事の時間をとるために)、

他の大切なじぶんの時間を削ることになります。

 

「もっと家族と旅行にいきたい、動物園にいきたい、食事にいきたい、こどもと過ごしたい」 「趣味の時間をとりたい、マンガ読みたい、ゲームしたい、スポーツしたい、旅をしたい」

 

 

仕事の時間とは、労働・作業時間だったり、責任だったり、仕事のことを考える時間だったり。

そうであれば、収入が上がったとしても、幸福度はそこまで上がらないんだと思います。

 

じぶんの大切なものが何なのか?

それによって大切なものに使う時間と、仕事で稼ぐために使う時間。このバランス。

それが年収の上がり方と幸福度の上がり方の、人それぞれの感じ方なのかな、と思いました。

 

 

ちなみに、

会社員など労働者として雇われている場合には、

どうしても時間の制約が出てくると思うので、

年収を2倍にするために労働時間が増えて、

結果的に大切なものに使う時間が減ってしまって

幸福度がそこまで上がらないという研究結果になっているんじゃないかなぁと思いました。

 

 

日常的に「ありがたい」と感じることの大切さ

「感謝」には、

人に伝える「ありがとう」と「ありがたいなぁ」って感じるものの2種類あります。

 

「ありがとう」って言葉はもちろんですが、

それ以上に、「ありがたい」って感じることで、しあわせ感がアップするんです。

 

日々生活していて、「ありがたいな」って感じていますか

 

わたしはドキっとしました。

なにげない日常にしあわせを感じることは得意ですが、

当たり前になってしまっていることに対しては

あまり意識していなかったかも・・・と改まりました。

 

当たり前なこと・・・なんでもいいんです。

たとえば、

・空気が吸えている

・お腹が痛くない

・健康で過ごせる

・指がある

・ごはんが食べれている

・本がある

・仲間がいる

・コップがある

・家がある

・電車が時間通り

・お風呂に入れる

・笑える

・泣ける

・お天気がよい

・あたたかい

・風がある

・トイレットペーパーがある

 

なにげなく過ごしている毎日に、

「ああ、ありがたい♪」と感じることを増やすと、

しあわせ感がアップします

 

幸福度が高まると、

視野が広がったり、

気づきがあったり、

パフォーマンスが向上したり、

いいこと尽くしなのです。

 

 

すぐに出来ることで、幸福感を高められるって素敵ですよね。

 

朝の仕事前に、ありがたいと感じること20個、書き出してスタートしてみると、

1日のパフォーマンスが良くなりそうなので、試してみようと思います。

 

「知識を増やすんじゃなくって、できることを増やしていく」

 

この言葉を大事にしていきます。

 

 

ココいいなっ!ポイント

さいごに、講演会に参加させていただいて、

いいなって思ったポイントを記録しておきます。

 

参加型の講演会

ただ単に聞くだけでなくて、ワークがだいぶ盛り込まれていました。

そのワークも自分で考えるだけじゃなくて、人とシェアをして話すので、人の話を聞いて気づきがあったり、自分が話しながら気づいたことだったり・・・

60名規模の講演でしたが、全員がワーク&シェアをすることで、とても一体感があるセミナーだったなと感じました。

 

雰囲気を大事にする

星さんがリアルのセミナーでとても大事にしていたのが「話の内容うんぬんよりも、いい雰囲気を・・・」ということです。

注目してほしいときや、ワークを終わらせるなど強制的にストップさせるために、拍手を促すこと。

拍手って雰囲気も良くなりますし、一区切りっていう印象があってこれは活用したいです。

 

ペースを合わせる

個人的にいいなと思ったのは「紙のホワイトボード」を使っていることでした。

普通のホワイトボードって書いたら消さなきゃいけなかったり、スペースに限界がありますが、紙のホワイトボードだと、書いたものを消さずに、そのまま残すことができるので、話を戻したいときには、めくるとそのシーンに戻れる!・・・という光景が何度かあって便利だと思いました。

また、パワポやスライドで準備しているのと違って、その場で書くことで、聞き手とスピード感を合わせられて心地よいペースに感じるんだと思いました。考えてみれば、学校の授業は板書ですもんね。

楽しく学べるように工夫がいっぱいの講演会でした。

 

さいごに

 

今回、素敵な講演会を主催されていたのは、

兵藤沙耶さん@saya_hyodo)です。

夢を叶える「目標達成法」を伝えるプロとして活躍されていて、

美しすぎる2児のママさんです。

大好きなあおいさんの恩師で、わたしもずっと憧れていました。

当日お会いできて、とっても嬉しかったです。

ありがとうございました!

 

たなゆかさんにお声かけていただけて、

クラブメンバーさんにもお会いできて、

とても充実した楽しい1日でした。

素敵なつながりに感謝です。

 

 

-備忘録, レビュー
-

© 2021 金融OLがビジネス始めて人生豊かにする物語