レビュー

漫画「この男は人生最大の過ちです」の面白さを考えてみた

 

こんばんは、こばやんです。

 

毎日チャレンジ2日目!ということで、

今日は、

漫画この男は人生最大の過ちですの面白さ

について書こうと思います。

 

ざっくりあらすじ

 

ご存知ない方のために、

ざっくりストーリーをお話すると、

 

この漫画は、

 

‘’「天城恭一」という

天城製薬のイケメン・ハイスペック社長が、

天城製薬の平社員である「佐藤唯」に惚れて、

彼女に「奴隷」を申し込むラブコメディー‘’です。

 

「恭一」はイケメン・ハイスペック男にもかかわらず、予想の斜め上をいくドMキャラで、「唯」からも全力で気持ち悪がられています。

 

そんな2人の、笑いはあるが、リアリティがない、でもキュンとする恋物語です。

 

 

見つけたきっかけ

 

だれかにおすすめされたわけでもなく、

深夜に趣味のスプラトゥーンをしながら、

BGM感覚でテレビをつけていたときに

たまたま流れていたのが

「この男は人生最大の過ちです」でした。

 

 

スプラトゥーンをしながらも次第に、

BGMであるはずだったドラマに視線がいくようになり・・・

 

罵られて喜んだり、

ゴキブ●みたいに天井に張り付いて見守っていたり、

トランクに潜んでみたり、

でもちょっと優しいところがあったり、

ぶっとんでいる「恭一」の行動と

ドラマの予想外すぎる展開に惹かれていきました。

 

「恭一」を速水もこみちが演じていたのも惹かれた要因かもしれません。

 

 

つい「なんだこのドラマは・・・」

と気になってスプラトゥーンを中断して、

ネットでこのドラマのことを調べ始めました。

 

続きも見たかったのですが、

動画では続きが見つからなかったんですよね。

代わりに、漫画を発見しました。

 

しかも、10巻無料・・!朝方まで読みふけましたね。

 

 

「この男は人生最大の過ちです」の面白さ

 

「この男は人生最大の過ちです」の面白さって、

 

「イケメン・ハイスペック男のドMキャラ」という今までになかった新鮮さ・意外性

 

リアリティには欠けるが、女子の「大事にされたい!」「いいなぁ♪」という憧れがあるところ

 

気持ち悪いほどのドM社長ではあるが、実はすごい人であり、社長のそばにいると「自分にはなにもない」と思ってしまう主人公に共感ができるところ

 

だと思いました。

 

 

「面白い」って

共感によるものだったり、

真新しい刺激みたいなものだったりするので、

良い感じでMIXされているなって思います。

 

 

 

良いなって思ったメッセージ

 

つい’だれか’と比べちゃって

落ち込んだりしちゃうことありませんか?

 

わたしは、恋愛でも、仕事でも、ビジネスでも、

「あの人と比べると私は・・・」

って思ってしまうことがあったんです。

 

特に「すごい人」が身近にいる場合だとなおさら。

 

自分のダメなとこが目についたり、

自分の魅力に気づけなくなってしまって、

自信をなくしがちだったり。

 

 

 

この漫画では、

いくらドМで気持ち悪いぶっとんだ社長でも、

「すごい人」なんですよね。

主人公が「それに比べてわたしは・・・」

と、悩むシーンがこちらです。

 

 

そんなときに、

社長の友達である、お医者さんに言われます。

主人公「わたしとか、ほら何もないし」

先生「逆になんかあるやつってなんだよ?」

主人公「社長とか先生は誰にもできないことやられてるなぁって」

先生「それだけが何かあるってことになんのか?単なる社会的役割なだけだろ」

 

 

「なにもない・・・」

「だれでもできる仕事をやっている」

「わたしの代わりはいくらでもいる」

 

こう思う気持ちに対して、

 

「なにかある」って逆になに?

と、答えを言うでもなく、考えるためのワードを・・・

 

なにかないといけないわけではない。

 

社会的役割にコンプレックスがあると、

社会的役割が「なにか」に見えたりする。

 

自分で、自分の肯定感を上げてあげることが

大事になってきそうだなって思いました。

 

(社長のキャラを分析して、コンプレックスと強みについて考えてみた記事はこちらです。)

 

漫画のすごさに気付く

 
漫画のすごいところって、
スムーズに、伝えたいことを伝えられることだと思います。
たとえば、
だれかに面と向かって言われたら、
ムッとしたり、傷つくことも、
漫画のようにストーリーを交えながらだと、
共感しやすくて「ああ、そうだよね」って
素直に受け入れやすいと思うんですよね。
 
そう考えると、漫画って
娯楽要素たっぷりで楽しみながら
メッセージを上手に受け取ったり、
学びに気づけたりできる最高のコンテンツじゃんって思いました。
 
伝えたいことを、やんわりと伝えられる。
しかもそれを面白く、多くの人に届けられる。
漫画家ってすごいお仕事だなあ、って感じました。

 

 

10巻までは無料で見れたりするので、

よかったらみてみてください♡

10巻無料 LINE漫画

 

11巻からは楽天koboで買っちゃいました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この男は人生最大の過ちです 11【電子書籍】[ 九瀬しき ]
価格:110円 (2020/6/4時点)

楽天で購入

 

-レビュー
-,

© 2020 金融営業マンがビジネス始めて人生豊かにする物語